風の果て

恋をしただけ それだけのことを

ごあいさつ

自己紹介、的な記事。
いらないかなって思ってずっと下げてたんだけど、いよいよ何のおたくなのかわからん状態になってきたのでリニューアル公開。

続きを読む

熱海殺人事件 CROSS OVER 45初見雑感

無事に月が沈んだので、ぼちぼち他のものの感想も書いていこう。月終盤にかけ隼も2公演見ていてすごく良かったし苦しかったし泣いたんだけど、かけ隼東京前楽と上弦前楽を梯子してしまったため、3.5天斬りの衝撃でほぼ吹っ飛んだ気がする…。あんなシャブ漬けじゃない時期にもっとちゃんと味わって見たかったよ。

…という状況でしたが熱海の初日はちゃんと行きました。両方の初日(あつきは初回行けなかったので2公演目)見てから最終週どっち見るか決めようと思ってたんだけど、最終的に3/3マチソワになる予感がしてならない。決められない…ww
去年延々とアラタやってたせいもあって、ひっっっっさしぶりにいつものあーるゆーぴー案件で、いつもの紀伊國屋に通えて嬉しい。物販にすどーさんがいて、創くんのナレが流れて、ロビーでおかちゃんがうろうろしてて、いつものおにーさんからリピチケ買える紀伊國屋の安心感…もはや観劇ではなくおばーちゃんちに行く感覚w紀伊國屋ホール自体おばーちゃんち並の年季入り具合だしw

以下、感想。2/17マチネと、2/24マチネ合わせて。

続きを読む

月髑髏終演に寄せて<上弦の月編>

美しい!まっっっこと美しい!!

若くて美しい男は国の宝だ。「顔がいい」という尊き長所は、何故か日本の芸能文化では歌やダンスや芝居の才能に比べて軽視される傾向にあるのだけど、顔面こそがこの世に生まれたときに神から贈られた最高の才能であり、若さこそ人生のほんの一瞬しか持ちえない無二の宝だ。
そして若手イケメン俳優を侮るなかれ。推されにも干されにも理由がある。ぱっと見どんなに理不尽に見えても、理由のない干されなどいないし、どんなに意外な人選であっても理由のない推されはいない。選ばれる子は選ばれるだけのものを持っているのだ。

…というのを福士くんは気持ちいいくらいに全身で証明してくれた。

凄い…凄かった上弦。こんなに興奮する舞台久しぶりに出会った。若くてエネルギッシュで無鉄砲で、3か月という長い上演期間とは思えないくらい、「今しかない」刹那のきらめきに溢れてた。そのくせそこに建ったのは色も形も全然綺麗じゃない、混沌としたぐっちゃぐちゃの髑髏城だった。こんなに眩しくて愛おしくてめちゃくちゃな髑髏城に出会ってしまったら、こんなものを愛してしまったら、上弦の月が登らなくなったこの先、何を好きになったらいいか困るじゃない。どうしてくれるんだ。

続きを読む

月髑髏終演に寄せて<下弦の月編>

若さと勢いで突っ走る上弦に対して、丁寧に繊細に王道の髑髏城を築き上げていた下弦チーム。下弦なくしてあの上弦は生まれなかった。素敵な千穐楽だったようで、本当によかった。

私そもそもずっと髑髏城そんなにハマれないおたくだったので、たぶん下弦の良さは3分の1も理解してないと思うんだけど。下弦はとにかく蘭が面白くて面白くて仕方がなくて、蘭をこねくりまわしてる時間だけでいうと上弦より下弦の方が断然長いってくらい、ちゃんともの蘭が好きだった(みうらんのことはもっと好きですけど、思考の8割を「顔が可愛い」に持っていかれるので、あっちはそんなにこねてないですw)
上弦の方に書いた福士くんが選ばれた話ってちゃんともにも当てはまると思うんだけど。すずひろ先生は誰も文句ないとして、殺陣が上手くて綺麗な若手俳優がゴマンといる中でなぜ殺陣経験値の低いちゃんともが、わざわざ”あの”すずきひろきの対になるポジションに選ばれたのか。パッと思いつく理由がなくて、だからこそ一番楽しみにしてた部分でもあったのね。そしたらあんな蘭が生まれちゃうんだもん。つくづく選ばれるには理由がある。(という話を書いてる途中で「弊社の腐女子」というパワーワードが流れてきて、なんか一気にいろんなことが腑に落ちたけどww、なんにせよちゃんともの蘭は凄かった。ほんとに好きだった)

続きを読む

髑髏城の七人 Season月<上弦の月> 2/18ソワレ@ステージアラウンドシアター

上弦の月前楽、そして私にとって最後の月髑髏登城でした。終わってしまった、私のseason月が。

ド頭の天魔王様の六欲天ダンスが、今まで見た中で一番好きなやつでね。太一さんだ!これが私の大好きな太一さんだ!!!!って興奮が止まらなかったんですよ。踊る太一さんの圧倒的な華と美しさ、あの震えるような感覚久しぶりだった。
もうこれ二幕どうなっちゃうんだろう。いよいよステアラに骨を埋めるしかない………って覚悟を決めて挑んだんですよ。帰り道、頭の悪いポエムツイートしまくりながら、上弦大好きだよ終わらないで上弦…って泣きながら帰る予定だったんですよ。

それなのにさーーーーーほんとに!!このチームは!!なんでこんな面白い前楽が生まれちゃうんだよwwwwwwww

いやーー凄かった。あんな爆笑しながら帰ることになると思わなった。どこまでも予想通りになんて動いてくれない上弦チーム大好きだし、さすがに予想外すぎる展開に、必死で打開策を探ってた太一さん観れたのも超楽しかったわ。私はやっぱりボス猿の太一さんが好きだからさー。ああいう場面でトップに立つ太一さん見ると嬉しくなっちゃうし、ここまで予想外の事態が次々起きる現場も久しぶりで楽しかったよ。こんなわくわくする場所なかなか出会えないw

その直前までが凄く良かったので、ここで完成させて千穐楽はエキシビジョンマッチになる可能性も考えていたのだけど、ラスト一回、絶対に負けられない戦いになってしまったなぁ(笑)
ほんとにほんとに楽しかった。大好きだよ上弦。隅から隅まで、ぜーんぶ大好きだ。

千穐楽頑張ってくださいね!!!!w

続きを読む