風の果て

恋をしただけ それだけのことを

映画「刀剣乱舞」を見たよ!(その1)

映画「刀剣乱舞」公開おめでとうございます!
全国の審神者たち(と靖子が連れてきた特撮班)が全力で殴り掛かってるだけあって、好調な滑り出しのようで何よりです。

私はというと、初日のレイトで見た後、昨日の昼に大展覧会→夜にそのまま映画2回目突入、まで終えて一息ついたところです。多ステ脳じゃないので2回見たら最大値みたいなとこあるんですけど、3週目くらいにもう1回行ってもいいかな、なんて思っている。
大展覧会の話は別記事で書きたいのだけど、ただの衣装展示会と違ってかなり趣向が凝らされているので、こっちも内容のネタバレなしで見にいった方が楽しいかも。中に入った瞬間、うわぁ…!ってなる始まり方するので…。あとスタッフの仕切りがちゃんとしていたのがとてもよかった。

刀ステがSFなら映画は歴史ミステリー。しかも、入り口を「織田信長、家臣明智光秀の謀反により本能寺で自害」というどんなに日本史に疎くてもさすがに知ってるだろうというところに設定し、歴史の謎解きの方に主軸を置きながら刀剣乱舞というコンテンツの特色をうまーくミックスしているので、「はじめての刀剣乱舞」として本当に優しい。謎解き自体も超シンプルで、最低限の情報量で話を追えるので、さすが日ごろ子供も楽しめるものを作っている特撮班…という印象だった。
そこに歴オタ向けのあれこれとか、刀ステを見てきたみんなたちへのご褒美とか、ゲームへの今後の期待とか、髑髏党員的な意味での楽しさ(これは我々が勝手に楽しんでるだけだけどw)が混ぜ込まれていて、全方位に優しい!ハイホスピタリティ!な作品だった。


これ以上喋ると核に近いネタバレをしてしまいそうなので、残りは続きで。とにかくネタバレは見ないで映画館に行ってほしい。私も普段ネタバレがんがん踏むタイプだけど、今回だけはそうもいかないので、絶対にネタバレ踏まずに早急に観て。
歴史トリックのあれこれは歴オタ考察班ががつがつ流してくれてるし、映画としての講評とダイマは特撮班が超有能なので、その辺を求めてる人はよそに行ってください。私は私が思ったことを覚書的にだらだら垂れ流しているだけなので…。

続きを読む

映画「刀剣乱舞」を見たよ!(その2)

その1はこちら(こっちがメイン)
choco-ice.hatenablog.com


ここから先は、長くなりすぎて分けた各キャラの話とか、最後の広間でのあのシーンの話とか。
映画と舞台の本丸は別物だけど、キャストが同じ以上完全に別物ってわけでもないので、主に舞台版を交えた話をしています。ネタバレだよ。

続きを読む

少年社中「トゥーランドット」 1/13ソワレ@サンシャイン劇場

3連休中に観たもの、ざくざく更新。ひとつ前の記事で書いたSHIRANAMIに加えて、昨日の昼にノスワンにも急きょ行ってきたんだけど、これの感想は余力があったら。すごくすごく楽しかった。特別追いかけてる子が出てるわけじゃないし、出演者で見たことあるの3人くらいだったんだけど、本当に良かったので衝動的に行きたいと思ったものに飛び込むのは大事だなと改めて。


さて本題、社中。話としてはそんな好きじゃないことが多いんですけど(でも画が最高なので毎回行くw)、今回は好きなやつでよかったー!そもそも劇場に通ってきてる人間というのは大多数が「演劇で世界を変え」られた経験を持つわけで、この話にエモを感じないはずがないのである…。
ダンスシーン(多い)が軒並み最高なのと、凌くんと生駒ちゃんの組み合わせが5歳のときから一緒に育ったんかってくらいしっくりきていて超可愛かったので、目がずっと楽しかったです。生駒ちゃん、初めて生で見たけど超可愛い。可愛いの知ってたけど、本当に可愛いし上手いし社中の衣装が似合いすぎるし、なにより圧倒的センター力なのでそこに立ってるだけで話が成立する。

以下、ネタバレありの感想。凄い大どんでん返しがあるー!ってほどじゃないので別にネタバレ見てから行っても大丈夫な気がするけど、一応「正体が明かされる」場面はあるので、知らずに見たい人は読まないでください。ちなみにトゥーランドットそのものは知らないのでどのくらい要素が盛り込まれていたのかはわからない。

続きを読む

SHIRANAMI 1/12ソワレ@新国立劇場中劇場

先に見ておくか終盤に行くか迷ってたんだけど、初日後のTLが愉快だったので早く見たほうがいいなって思って開幕2日目に行ってきました。なんかねー、年明けっぽくてよかったw年の初めにこういうの1回挟んでおくの悪くない(?)(しかしこの手の闇鍋エンタメ作品って毎年いくつか生まれてるけど、高確率で滑ってる気がするので、おいしい闇鍋を作るのは難しいよねって……そりゃそうか…w)。
前提として私はG2と一生仲良くなれないので、特に何の期待もしてなかったんだけど、思ったより飽きずに見れてよかったです。G2好きな人はもっと楽しいんじゃないかなぁ。歌って踊れる将軍レンオザワの見せ場が最高なので1回見たほうがいい。あと劇団解散以降☆5どころではないレア度になってた太一さんの女形を見れるチケットがいつでも好きなだけ買える世界は素晴らしいと思うので、暇だったら1回見に行ってほしい。今ならなんと、花魁道中の後ろで傘持ちする谷水りっきー(顔がめちゃくちゃ可愛い)までついてくる!お買い得!(A席8000円だけど、たぶんもっと安く買えるし)

続きを読む