風の果て

恋をしただけ それだけのことを

2018年上半期現場まとめ

昨年分はこちら↓
上半期http://choco-ice.hatenablog.com/entry/2017/07/04/002904
下半期http://choco-ice.hatenablog.com/entry/2017/12/30/013405

舞台37、コンサート1、ライビュ・生配信2、舞台挨拶2、その他イベント5
計公演(うちコンサート・舞台で38公演)
イベント内訳はカタストロフ上映会、松フェス、PIW、vagueリリイベ、おん弥次喜多渋谷の宿。映画はのべ15本(tri.と執行が2回ずつ)。

私にしては随分と頑張ったなぁ。前半に狂ったように現場を重ねたので、後半は映画や無銭イベントメインでお値段控えめに過ごしていました(笑)数打った分、アタリも多くて、ベスト5絞るのが大変だった。

  • 2018年上半期ベスト(映画編)

1.万引き家族
(文句なしの傑作。楽しそうなシーン、愛くるしいシーンであればあるほど見ていて苦しかった。安藤サクラは凄い。)
2.リバーズ・エッジ
(90年代前半のひりついた10代の雰囲気がとても好きだったし、93年を生きるふみ様は本当にあの時代の女子高生に思えた。)
3.劇場版名探偵コナン「ゼロの執行人」
(制作サイドとオタクの本気含めて、丸ごと最高のエンタメ)
4.パンク侍、斬られて候
(好きなキャストと好きな監督と脚本家界の推しが揃った、最高にヤバい映画。梅雨明けと同時に公開したのもよかったw)
5.クソ野郎と素晴らしき世界
(園監督がめっちゃ楽しそうだった)
番外編:デジモンアドベンチャーtri.第6章「ぼくらの未来」
(お疲れ様でした!!!!)

  • 2018年上半期ベスト(舞台編)

1.髑髏城の七人 Season月
(一緒に上弦髑髏高校に通ったおまえらのこと、一生忘れねーからな!)
2.歌謡倶楽部「艶漢」 第二幕
(あの空間にいた全員気が狂ってた)(賛辞)
3.おぼんろ「キャガプシー」
(久しぶりにやばい人に出会ってしまった)
4.ストリップ学園
(上半期一番キマってた舞台。いわゆる該当担以外で席がガツガツ埋まっていく感じもよかった)
5.刀剣乱舞~悲伝 結いの目の不如帰~
(刀ステは本当によくできたSFだし、ひろちか様がいる本丸はやっぱり最高)
次点:白痴
番外編:おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S FESTIVAL~


  • 1月

(月髑髏上弦2、月髑髏下弦、ピカレスク◆セブン、ONLY SILVER FISH、怪盗二十面相、ストリップ学園)
仕事が緩い時期だったこともあって、新年早々かっ飛ばした1月。色々見ましたけど、月髑髏シャブが効きすぎて正直ほかの作品はスト学くらいしかちゃんと記憶に残っていない…。シャブ切れを他のシャブで補って生き延びる…みたいな時期だった。スト学めちゃくちゃ楽しかったし、名作だったので絶対第2弾やってほしい。紙テープ投げるの上手くなったから、次はもっと投げれる!(無駄スキルの習得)

  • 2月

(文スト、あんステディレイ配信、駆け隼2、9Pro熱海、月髑髏上弦、月髑髏下弦、熱海2)
月髑髏と駆け隼と熱海が重なった2月半ばがヤバかった。駆け隼見てメッタメタにされてふらふらしながら豊洲に行ったら上弦前楽SP六天斬を見せられてあらゆる記憶も感傷も飛んだので、上弦は!本当に!反省して!!(笑)
熱海はカジュアルに回数を重ねてしまいましたが、相変わらず楽しかったです。若さと美しさは正義だ。

  • 3月

(熱海2、リバーズエッジトークショー、松ステ2、閉店拒否、東海道四谷怪談、號哭のカタストロフ上映イベ、修羅天魔、松フェス、スクアッド、GEMCLUBⅡ)
人生で一番現場が多かった3月。気がくるってたよね…完全に気がくるってた。人間、あんまり360度回転すると本当に脳がバターになっちゃうんだと思う。この前後の残高の減り方がえぐすぎて、さすがに反省した。でもしょーたくんの現場がいっぱいで楽しかったなー。松はただただ楽しくてハッピーで、演者のクオリティが高くて良い。そして何より井澤の顔が良い。

  • 4月

(白痴、修羅天魔、セクゾンコン、歌謡倶楽部2、梅棒、刀ミュ、PIW横浜)
この月も割と多いなwセクゾンコン日帰り遠征からの歌謡倶楽部マチソワキメて、翌週風邪ひいて熱出して、熱下がった日に即梅棒を見に行くという、謎の強行軍だった4月。なぜこんなに頑張ったのか、どこにも推し出てないのにw
歌謡倶楽部がしぬほど楽しくて楽しくて楽しかったので、そればかりが印象に残りがちだけど、それ以外も確実に楽しい!ってものしか見てないので、総じてハッピーだった4月。

  • 5月

(修羅天魔、PRISM、キャガプシー2)
通帳の残高を見て、びびってだいぶ大人しくしてた5月。…のはずなんだけど、変な沼に足を突っ込んでしまった気がしないでもない。そして髑髏城お疲れ様でした!この時点でもまだ「極が終わったのにまだ月が沈んでない!」とか言って笑ってたんだけど、翌月さらに酷い天蘭を見せつけられる羽目になり、結局今も月は沈んでいないのであった…。BLEACHも楽しみだね…。

  • 6月

(刀ステ悲伝初日ライビュ、vagueリリイベ、サマエル、おん弥次喜多渋谷の宿、アイリッシュダンス、おん弥次喜多三重、パンク侍初日舞台挨拶)
刀ステ初日ライビュ楽しかったなー。あれだけの人数が一気に初日を迎えられるっていいですねw
上半期の舞台納めは弥次喜多でした。こう振り返ると、世の中には頭のおかしいエンタメがいっぱいあるんだなぁ…って気持ちになりますね。現実は色々と儘ならないので、下半期もおクスリをいっぱい摂取して脳みそ溶かしながら生きていきたい(笑)